生理機能検査

心電図検査

心電図とは、心臓の電気的な活動を記録したものです。
不整脈や虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の有無、高血圧に伴う心肥大やその他心臓病の診断に役立ちます。
胸と手首、足首を出し、ベッドに仰向けに寝ていただきます。
両手首・足首を電極で挟み、胸に6個の電極を付けます。
力が入っていると正確な記録が出来ませんので、リラックスして寝てください。
検査時間は、5分程度です。
しかし、不整脈や狭心症はいつ起こるか判らないため、数十秒の心電図検査では異常が発見できない事が多くあります。そこで携帯型の小さな装置・ホルター心電図で24時間連続して心電図を記録してコンピュータで解析、診断することで、心電図変化をとらえる可能性が飛躍的に高くなります。
胸に5個のシール状の電極を貼り、持ち運び可能な小型の機械を身につけていただきます。
装着時間は10分ほどです。
機械をぶつけたり落としたりする可能性のある激しい運動と、入浴は避けてください。
胸毛のある方は、あらかじめ処理をお願いします。
マスター負荷心電図とは、運動する事により心臓に負荷を与え、安静時では認められない不整脈や狭心症などを誘発し、その心電図変化を記録するものです。
年齢、体重、性別から決められた回数を音に合わせて、2段の階段を1分30秒または3分間上り下りします。
検査時間は10分程度です。
足・腰の悪い方は事前に申し出てください。
検査中に胸が苦しくなったりしたらすぐに申し出てください。

ホルター(24時間)心電図

24時間の心電図を装置に記録して、めまいや動悸、胸痛などの症状から不整脈や狭心症の有無を調べる検査です。
通常の12誘導心電図では発見できない不整脈が、ホルター心電図では見つけられる場合があります。そのためこのホルター心電図検査は大変重要な検査です。
最近動悸がある、胸が重苦しい、ふらふらする、などの症状がある方は循環器科に受診し、このホルター心電図検査を受けてみてください。
ホルター心電図の解析は当院で行い、1~2週間程度で結果が判ります。

何がわかるのか

日常生活で不整脈や狭心症などが起きているかどうか、あるいは動悸や胸の痛みなどの症状がある方は、症状が心臓に起因しているかどうかなどがわかります。
また脈拍数、不整脈の種類、発生時間、どのくらい出現しているのか、などから不整脈の診断やペースメーカーの機能評価、薬物治療効果を判定することができます。

実際には

胸にシールの電極を貼り、心電図を記録する小さな機器をベルトで腰に取り付けて心電図を24時間記録します。

注意事項

  • この検査の時はお風呂やシャワーなどは使えません。機器が水に弱いためです。
  • 電気毛布や電気カーペットも使わないでください。ノイズが入り、うまく記録されない場合があります。
  • 普段の生活の時の心電図を記録したいので、いつもと同じような生活をしてください。
  • 機器を落としたり、はずしたりしないでください。機器は強い衝撃に弱いため、腰のベルトに付けたままにしてください。
  • 機器装着時に行動記録メモを渡しますので、そちらの記載をお願いします。