医療法人社団淳英会 おゆみの中央病院

お問い合わせ TEL:043-300-3369お問い合わせフォーム

睡眠時無呼吸症候群

あなたも睡眠時無呼吸症候群かもしれません!

人は誰でも人生の3分の1を睡眠に費やしていますが、最近、睡眠の質が非常に重要なことがわかってきました。たとえ睡眠に十分な時間を割いても、いったん睡眠障害に陥ると良質な睡眠を得ることが不可能となり、日中の活動や思考、労働の質、運転能力などが低下することはもちろん、高血圧や糖尿病といった成人病、それに心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気を高率で引き起こすことが明らかになっています。したがって、質のよい睡眠をとることは、健康で有意義な人生には必要不可欠といえるのです。

さまざまな症状や合併症を伴う睡眠障害の代表が、睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)と呼ばれる病気です。SASは最近マスメディアで触れられる機会が多くなり、睡眠呼吸障害の専門外来を受診される方も増えてきました。

SASについてご存知の方は多いでしょう。しかし、SASについてもっと知りたいと思っている方も少なくないと思います。本コンテンツはこのようなSASの病態、診断、治療法について、わかりやすく解説することが目的です。

監修:崎雄司 太田記念病院睡眠呼吸障害センター長

SASとは

SASを一言でいえば、睡眠中に無呼吸を繰り返す病態の総称です。ここで"総称"と述べたのは、SASはさまざまな病態や病気によって引き起こされるからです。いずれにせよ、「10秒以上続く無呼吸が、一晩の睡眠中(7時間)に30回以上、もしくは睡眠1時間に平均5回以上認められ、かつその一部は、健康な人では最も規則正しい呼吸が観察できるnon-REM睡眠と呼ばれる睡眠中にも認める場合」は、すべてSASと定義しています。

SASに特有な症状や合併症は、無呼吸によって引き起こされる2つの重要な出来事に由来するといっても過言でないでしょう。すなわち、無呼吸のたびに患者さん本人はほとんど気づかない目覚め(=脳波上の覚醒)が起こり、良質な睡眠を得ることができず日中の眠気を引き起こすこと、無呼吸の間は肺での酸素の取り込みと炭酸ガスの排出が止まるため、血液の中の酸素不足や炭酸ガスの貯留が繰り返され、これがさまざまな臓器に対し悪影響を及ぼすこと、これがSASの根幹となる病態なのです。ですから、SASは、無呼吸の出現頻度が多くなるほど、または無呼吸の持続する時間が延びるほど、重症となるわけです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

OSASの検査

診療の流れ

OSASの確定診断には、睡眠に関連する複数の項目を同時に測定する、終夜のポリソムノグラフィー(Polysomnography:PSGと略す)が必須です。しかし、終夜検査を支える体制や設備などの制約により、現状では全例にPSGを施行することは困難です。

そのような場合、OSASが疑われる患者には、まず、スクリーニングもしくは簡易検査を行い、さらに睡眠状態や呼吸状態をより詳しく把握する必要がある場合には、PSGを施行します。

問診 スクリーニング→ポリソムグラフィー(PSG)簡易検査→診断→治療

問診

なるべくベッドパートナーに同席してもらい、いびきや日中の症状等に関して、問診を行います。また、昼間の 眠気には、Epworth sleepiness scale(ESS)が主に用いられています。

ESSは、以下の8つの状況での眠気を、
0:決して眠くならない
1:稀に(ときに)眠くなる
2:1と3の中間
3:眠くなることが多い
で4段階評価する。

状況 点数
1.座って読書しているとき 0 1 2 3
2. テレビをみているとき 0 1 2 3
3. 公の場所で座って何もしないとき(たとえば劇場や会議) 0 1 2 3
4. 1時間続けて車に乗せてもらっているとき 0 1 2 3
5. 状況が許せば、午後横になって休息するとき 0 1 2 3
6. 座って誰かと話をしているとき 0 1 2 3
7. 昼食後(お酒を飲まずに)静かに座っているとき 0 1 2 3
8. 車中で、交通渋滞で2〜3分止まっているとき 0 1 2 3

判定スコアは0点から24点で、Johnsの成績では、軽症のOSASでは11.0±4.2SD、中等症で13.0±4.7SD、重症で16.2± 3.3SDであった。ESSスコアは、いびき、OSAS重症度、酸素飽和度低下とも相関があり、10以下のものをESS正常群と分類される。

ポリソムノグラフィー(PSG :Polysomnography)

PSGは、睡眠状態をトータルに評価する検査です。簡易検査の項目に加え、脳波や筋電図・眼球の動きなどを測定することで、睡眠の深さ(睡眠段階)、睡眠の分断化や覚醒反応の有無、睡眠構築、睡眠効率などを呼吸状態の詳細とあわせて、定量的に算出します。

PSGの測定項目
測定内容 評価内容
脳波 REM 睡眠の有無
頤筋筋電図
呼吸(サーミスター) 口・鼻の気流の有無
換気運動 胸部・腹部換気運動の検知
心電図 不整脈や心拍数変化
動脈血酸素飽和度 低酸素血症の把握
体位 仰臥位で無呼吸の発生頻 度が高くなることが多い
下肢筋電図 むずむず足症候群の有無

PSG検査風景 モニタリングの様子

OSASの治療

OSASの治療は、生活習慣に関する指導と、内科的治療、外科的治療、歯科装具に大別できます。なかでも、中等〜重症OSASの治療には、マスクを介して気道に陽圧をかけるCPAP療法が第一選択といわれています。

OSASの治療

インフォメーション

CPAP機器のお手入れについて

毎日のお手入れ方法

マスククッションをふく チューブを干す ヒビ割れを防ぐため陰干しにして下さい 加湿器をご使用の場合 加湿器の水の追加、交換

毎週のお手入れ方法

マスクを洗う 中性洗剤を使用し、洗浄後はよく洗い流して下さい → 乾かす チューブを洗う チューブを洗う 中性の洗剤を使用し、洗浄後はよく洗い流して下さい → 乾かす チューブを洗う チューブを洗う 加湿器のチャンバーを洗う ヘッドギアを洗う 漂白剤、ドライクリーニング、アイロンの使用は現金です。また、手で洗うようにして下さい

CPAP治療をお受けいただくには

SASの治療を開始するにあたっては、まず専門の医療機関を受診することが重要です。検査の結果CPAP療法を受けることになった場合、多くの方が健康保険の適用になります。健康保険適用の場合、CPAP療法における自己負担額は3割負担の方で月々およそ4,500円程度です。

外来診察のご案内

診療受付時間

【午前】
9:00 〜 12:00
【午後】
14:00 〜 17:00

※整形外科及びリハビリテーション科のみ土曜午後と日曜午前の診療を行っております

休診日

祝日 年末年始 他

外来担当表はこちら

交通アクセス

map

〒266-0033
千葉市緑区おゆみ野南
6丁目49番地9

大きな地図はこちら
  • おゆみの中央病院Facebookページ
  • 医療法人社団淳英会 リハビリテーション部Facebookページ
  • おゆみの中央病院看護部