医療法人社団淳英会 おゆみの中央病院

お問い合わせ TEL:043-300-3369お問い合わせフォーム

薬剤部門

内服薬・外用薬調剤

院内では約600種類の注射薬・内服薬・外用薬を取り扱っています。医師の処方に基づき、入院患者さんのお薬を調剤しています。処方内容に疑わしい点があれば、直接医師に問い合わせることもあります。
また、自動処方監査システムや、散剤バーコード照合システムを導入することで、処方監査ミス、調剤ミスを未然に防止しています。

注射薬調剤

医師による注射箋に基づいて、投与量、投与方法、投与速度、配合変化(2種類以上の注射剤を混ぜても問題ないか)等を確認し、患者さん毎にセットして病棟に払出しを行っています。

麻薬管理

医療の現場では、がんの痛みや手術後の痛みを軽減する目的で麻薬が広く使用されていますが、取り扱いについては「麻薬及び向精神薬取締法」で定められており、厳格な管理が求められています。
薬剤部は院内麻薬管理の責任部署として、麻薬の受払管理や廃棄時の適切な処理業務などに携わっています。

持参薬管理

当院では、入院時に患者さんが持参された薬を中心に、薬の種類・飲み方・残りの数・当院ではどんな薬に該当するか、などの管理を行なっています。
同時に、使用困難と思われる薬の確認を行い、薬を安全に使用出来るように努めています。

薬剤管理指導

入院患者さんに対しては各病棟担当の薬剤師が処方薬の効果や副作用、服用方法などについて説明をするとともに、服用状況、臨床症状、副作用などについて確認をしています。
服薬指導の際に得られた情報は医師や看護師などにフィードバックし、薬物療法の支援を行っています。

医薬品管理

医薬品の入出庫・在庫管理とともに、金庫保管や冷所保管が必要な医薬品、毒薬、劇薬、麻薬など薬品毎に適切な保管管理を行っています。
日常診療に支障なく医薬品を提供できるよう、また、不良在庫が発生しないよう医薬品の適切な在庫管理に努めています。

医薬品情報管理

医薬品の有効性及び安全性に関する事項や医薬品の適正使用のために必要な情報を管理し、医療スタッフからの問い合わせに対し調査・回答したり、DIニュースなど院内向けに医薬品の情報を提供し、院内の医療スタッフが最新の医薬品情報を得られるよう努めています。

TPN無菌調製

経口的、経腸的に栄養源を摂取できない患者さんに対するTPN(中心静脈栄養)製剤を無菌的に調製しています。
調製は医師のオーダーに基づき処方内容をチェックし、無菌製剤室のクリーンベンチにて行なっています。

当院処方のお薬について

平成26年12月1日現在

当院では、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の採用・使用について積極的に取り組んでおります。後発医薬品を希望される場合は、医師にご相談ください。
※後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売される先発医薬品と同じ有効成分、同じ効能・効果をもつ医薬品の事です。

診療科について

外来診察のご案内

診療受付時間

【午前】
9:00 〜 12:00
【午後】
14:00 〜 17:00

※整形外科及びリハビリテーション科のみ土曜午後と日曜午前の診療を行っております

休診日

祝日 年末年始 他

外来担当表はこちら

交通アクセス

map

〒266-0033
千葉市緑区おゆみ野南
6丁目49番地9

大きな地図はこちら
  • おゆみの中央病院Facebookページ
  • 医療法人社団淳英会 リハビリテーション部Facebookページ
  • おゆみの中央病院看護部